2014年08月02日

弦備忘録:INFELD赤

eVIOLIN (INFELD高かったから…。eだけシリーズの別の)
E:Multilayer Tinned Carbon Steel 8.0kg

Thomastik INFELD RED
A:Composite Core Hydronalium Wound 5.5kg
D:Composite Core Hydronalium Wound 4.6kg
G:Composite Core Silver Wound 4.7kg

2014/7/30〜
前にも1本だけとか張ったことあったんだけど、やっぱりいっぺんに変えないとわからんね。
いやー、なんと言うか、重い。意識的に鳴らさないとかする。特にG線が表面つるつるしてるのか、松脂なじませないと摩擦力が足りない。軽く弾いてスパーンて鳴る感じではない。まだ張りたてしか弾いてないから、2,3日すると変わるかもだし、慣れればその辺は気にならなくなるかな。
金属音成分が少なめで音質はなかなか嫌いじゃない。あまり派手できらきらした系ではない。倍音が少ないとそう聞こえるのか?A線もあまり硬い感じはしないし、じっくり弾くにはいいかも。室内楽とかやりやすそう。
弦の通販ページには「レッドは、大部分の楽器に向くように比較的暗めの音色に設定されているのに対し、ブルーは明るめの音色が特徴です。」とある。
posted by Shoko at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

弦備忘録:Dominant

Thomastik Dominant Medium

E:Steel Core, Aluminum Wound 7.2kg
A:Synthetic Core, Aluminum Wound 5.5kg
D:Synthetic Core, Aluminum Wound 4.1kg
G:Synthetic Core, Slver Wound 4.4kg


2014/1/15〜
実に4年ぶりのDominant。
基準がよくわからなくなってきたところで、フランス出張中に安く入手出来たので。言っても日本での価格と比べた割安感はTonicaのほうが全然上だったけど。

もともとDominant張りたてのざらざら感は嫌いなのだけど、張る前に拭くといいってどっかのサイトに書いてあって、試してみたら確かにで出だし好調の模様。
Dominantはわりと音質変化するから、こっからしばらく後のピークまでと、劣化が早いからそこを注意して観察するものとする。

2014/7/28追記
使用半年で明らかに音の芯がぼやけてきている。やっぱりこのチューニングの合わない感が出てくるのはDominantが一番顕著な気がする。
posted by Shoko at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

弦備忘録:Zyex

D'Addario Zyex Medium Tension

E(composite): Steel
A: Zyex Core, Aluminum Wound
D: Zyex Core, Aluminum Wound
G: Zyex Core, Silver Wound

2013/6/6〜

こちらのサイトによると、張力は
E: 8.4kg
A: 6.1kg
D: 5.4kg
G: 4.9kg

今回手持ちがZyexとInfeld赤だったのだけど、今回の本番が管に対して圧倒的なパワー&人数比不足のため、各サイトとか見た感じ鳴りそうだったZyexのほうににしてみた。
音量はある気はしないでもないが、前のVISIONが弱かっただけの可能性あり。subitoの追従が良い気がするのは単に練習の成果かな。
同じD'AddarioだったらHelicoreとPro-Arteのが安いしそっちでもいいかなぁ。基本的には、だいたい本番が年2~4回程度の私の場合、高くて音がちょっとよいかもな弦より、安いのを頻繁に張替える方向のが合っているんじゃないかと。とはいえ、HelicoreとPro-Arteに比べるとA~Gはそれほど不満もないしバランスがよいかも。


さて、来週の本番が死ぬほど音が高いVN1なんだが、困ったことにEの超高音ゾーンがいまいち鳴りにくい。ただ、そんなあほみたいなに高音普段出さないから、弦の相性の問題なのかどうかがわからん。
多分私が抑えきれていないだけかもだけど、hiCのオクターブ上が鳴らなくても私悪くないと思うの。。

物理的には音がかすれるのはきちんと押さえきれないせいで反射音がうまく入ってないのが要因と思われ、張力の低い弦のほうが抑えやすいはず。が、楽器屋さんとかに聞いてみると、いわゆる「鳴る弦」薦められるんだよね。なんか趣旨が伝わってない気がする…。

2014/1/15 追記
E線が鳴りにくかったのは松脂替えて完全解決。
半年使ってそれほど劣化も気にならない。というか最初がちょっときつめだから、少し伸びたくらいがちょうどいいのかもしれない。それなりに扱いやすいし、コスパは悪くないかもしれない。
posted by Shoko at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

演奏会のお知らせ

東方アレンジ曲の一発オケに乗ります。
全曲私のサークルの後輩による編曲です。
東方好きの人も東方よく知らないという人も是非お越しください。

幻想郷交響楽団
2013年6月23日(日)
13:00開場13:30開演
かつしかシンフォニーヒルズ モーツアルトホール
入場無料 全席自由

交響曲『幻想郷世界』
木管八重奏曲『神霊廟の尸解仙』
弦楽のための『十六夜ラプソディ』
東方管弦組曲 其の弐 《幻奏交響楽》 より『紅の上海娘』
(原曲:Zun 編曲:Virus Key)


なお、5/23時点でまだ弦楽器全パート奏者募集中です。中でもVa,Vc,Cb(特に5弦)歓迎です。



公式HP
banner.gif

公式Twitter
https://twitter.com/gensokyo_orch


posted by Shoko at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

弦備忘録:VISION

Thomastik VISION medium

E: Multilayer Steel Wire, Tin Plated
A: Synthetic Core, Aluminum Wound
D: Synthetic Core, Pure Silver Wound
G: Synthetic Core, Pure Silver Wound

2012/8/17〜

ThomastikだけになんとなくDominantっぽいかな〜。
Dominantに比べると使い始めのザラザラ感は無い。
発音のコントロールはしやすい感じがするけど、
パワーに欠けるような気もするようなしないような。
Helicoreに比べてE線が細いのか張力が高いのか、小指痛い。。

2013/6/16追記
気付いたら10ヶ月張ってしまったのだけど、Dominantに比べると劣化感は少ないよな。
とはいえ、最近弾けるようになってきた感じがするのは、練習の成果だけじゃなくて、弦が鳴りにくくなってた要素もあるのかもなぁ。

posted by Shoko at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

弦備忘録:Helicore

D'Addario Helicore Medium Tension

E: Tinned High Carbon Steel Aluminum Wound(18.1lbs)
A: Stranded Steel Core Aluminum (12.7lbs)
D: Stranded Steel Core Aluminum (11.5lbs)
G: Stranded Steel Core Silver (10.2lbs)

Tone
Clear ○   Rich

2012/2/12〜

同シリーズのPro-Arteと比べると
Tone
Pro Arte :Rich
Helicore :Clear
Bow Resistance
Pro Arte :Resistant
Helicore :Quick/Easy
だそうだ。

一応裏面にある説明を転記しておくと
・Quick and easy bow response
・Warm clear tone
・Short break in time
・Long life

Helicore multi-strand,twisted core strings have a small string diameter to provide quick bow response. Special manufacturing techniques produce a warm, clear sound with excellent pitch stability and longevity


12/7/21追記
スチール弦ということであまり期待はしていなかったけど、WoundのE線を試してみたかったから買ったセット。EAは案外悪くなかったけど、DGのリピートはしないかな。Woundなせいかはわからないけど、表示の張力がProArteより高いわりに、超高音でも小指が痛くなりにくい気がする。
もはや弦の特性なのか劣化なのかわからないけど、利用頻度の高いD線3ポジあたりが鳴りにくい気がしてならない。最近練習していないせいという説もあるが。。
posted by Shoko at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

演奏会のお知らせ

マグノリアオーケストラ
第8回定期演奏会
10月8日(土)
開場13:30
開演14:00
入場無料
場所:練馬文化センター
西武池袋線,都営大江戸線 練馬駅下車すぐ
曲目:
ベートーベン:コリオラン序曲
ワーグナー:ジークフリート牧歌
ドボルザーク:交響曲第8番

昨年に引き続き、観客倍増計画実施中(笑)
皆さんお誘い合わせの上、お気軽にお越しください。

なお関係者の皆さんにつきましてはマグが同窓会の場になれたらと思っています。是非グループで来ちゃってください。

rc8-p1.jpg
posted by Shoko at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

アジャスタを直した

壊れたときの様子


壊れたときの記事の日付を見たら、私ってば1年以上も放置してたのね。



直した後の様子
posted by Shoko at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

弦備忘録:Pro-Arte

D'Addario Pro-Arte Medium Tension

E: Steel (16.8lbs)
A: Perion Core Aluminum (12.0lbs)
D: Perion Core Aluminum (11.3lbs)
G: Perion Core Silver (11.3lbs)

Tone
Clear  ○ Rich
Bow Response
Resistant

2011/3/1〜

同シリーズのHelicoreと比べると
Tone
Pro Arte :Rich
Helicore :Clear
Bow Resistance
Pro Arte :Resistant
Helicore :Quick/Easy
だそうだ。

一応裏面にある説明を転記しておくと
・Good bow response
・Durable
・Warm, rich tone

Nylon core string that is resistant to humidity and temparature changes, with a moderate break-in period.
Pro-Arte strings have a warm sound and good bow response.


割と芯は太い目なんだけど、まわりは薄い目な音?
悪くないんだが、warmってほどwarmではないかも。
EAよりもDGのほうがいい感じ

posted by Shoko at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

緊急告知

明日8/28 19時から多摩平団地の夏祭りでカルテットやります。
お近くにお住まいの方は是非お越し下さい。

お祭り自体の詳細は私も知らないあせあせ(飛び散る汗)
posted by Shoko at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

弦備忘録:Crystal

Corelli Crystal Medium

E: Plain Steel
A: Wound on Stabilon
D: Wound on Stabilon
G: Wound on Stabilon

2010/08/07〜

演奏会前に換えるつもりが、使ったことない弦だったもんで、ちょっとひよってこの時期に…

・E線がちょっと金属音。ただし、普段失敗しやすい開放の重音(GCEとか)がかなりの高確率で成功する。
・A線のテンションが高い。最初チューニングがちょっとこわかったくらい。そのせいか、よく鳴るけど音が硬い感じ(周波数の幅が狭くなるのか?)でアンサンブルには混ぜにくいような。その影響か、pizzもいまいち響きにくい。もう少し落ち着いたら違うのかもだけど。
・D、Gは普通。というか、かなり安かったことを考えればそうとういいと思う。


2011/3/1追記
なんかすっかり慣れてしまっていくないんだが、やっぱりテンション高いしpizzも響かない。
リピートはしないな。
posted by Shoko at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

まさかのみんなのうたクオリティ

今度カラオケ行ったら歌っちゃうカラオケ
でもこれは画像無いと伝わらないかなぁ。

2004年10・11月にみんなのうたで放送されていたらしい。
NHKってときどき子供相手でもあえてこういうのを出してくるところ好きよ。

posted by Shoko at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

【7/10】続・演奏会のお知らせ【追記】

ロビーコンサートやることが決定しましたexclamation

ご来演の際はぜひ開演より30分ほど早くお越しください。



詳細はこちら
posted by Shoko at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

演奏会のお知らせ

千代田フィルハーモニー管弦楽団


〜サマーコンサート〜

2010年7月10日(土)
13:30開演(13:00開場)

九段会館大ホール
入場無料

指揮/角 岳史
独唱/澤村翔子(M.Sop)

シャブリエ :
  狂詩曲 "スペイン"
リムスキー=コルサコフ :
  スペイン奇想曲
ビゼー : 歌劇「カルメン」から
  前奏曲〜闘牛士の入場
  ハバネラ
  間奏曲(三幕)
  セギデーリャ
アルベニス : 「スペイン組曲」から
  セビリヤ
ファリャ : バレエ音楽「三角帽子」から
  ファルーカ/粉屋の踊り
  ホタ/終幕の踊り


普段クラシックを聞かない人でも楽しめる構成になっています。小さなお子様も歓迎
posted by Shoko at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

演奏会のお知らせ

マグノリアオーケストラ
第六回ミニコンサート

3月7日(日)
13:30開場
14:00開演
大田区民ホールアプリコ小ホール

ブリテン「シンプルシンフォニー」
ドビュッシー「子供の領分」より抜粋




皆様お誘い合わせのうえ是非お越し下さい。
posted by Shoko at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

弦備忘録:Tonica

Pirastro Tonica


E: (Goldbrokat。手元にあったストックがこれだったので…)
A: Nylon/Aluminum
D: Nylon/Sterling Silver
G: Nylon/Sterling Silver

2010/01/24〜

・音質はまあ普通。
 張りたてのドミナントって雑音多いから、それに比べるとクリアかも
・ドミナントより音量大きめ。鳴りやすい
・そのせいか開放がビャーっていいやすい気がする。
・ハイポジが響きにくい気がするのだけど、私が練習してないだけかもなあ。


2010/06/08追記

・なんかpizzがウクレレっぽい音してる。
 張りたてがどうだったかいまいち覚えてないんだが、そろそろ半年たつので、次の演奏会前にはかえよう。
posted by Shoko at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

弦備忘録:準備中

今までいろいろと試してはみたけれど、
4本全部バラバラだったり、
1本ずつしか張り替えなかったり、
長いこと張りすぎて前の弦の張りたてのときの音忘れてたり、
結局全然比べられていなかった。

というわけで、先日4本張り替えたのを機に、きちんとセットで張って比べてみようと思う。安い目のほうから順番に(笑)
でもって、すぐ忘れるから備忘録ということで、使用感のメモでも残しておこうかと。弦は楽器との相性もかなりあるというし、あくまで私の楽器での感想ということで。各種サイトにはいろいろ書かれてはいるものの、「明るい音」とか「深みのある音」とか言われても抽象的でよくわからんし、何よりどの弦も説明が代わり映えしなくて、使ってみないとわからない。

目標は半年に1回張替え。張りっぱなせいで音が劣化しすぎて、基本何張ってもいい音に聞こえてしまう、といういつものパターンは避けたいが、予算の都合と劣化具合の確認ということで半年くらいかなと。
ひとまず比較基準はトマスティーク社 ドミナント。

比べるにあたって、安く弦を仕入れるべく、海外通販を試してみることにした。大体うちの業界は円高のせいで大打撃食らってボーナスも減ったりしたわけで、買い物するときくらい円高の恩恵を受けとかないとね。
海外通販の場合セキュリティも多少は心配だが、ちゃんとしたサイトならそれほど問題はないかと思われ、それよりもむしろ郵便事故のが心配。(15年前くらいに日米で文通(?)してたとき、送ったはずの手紙が届いてない、というのが結構あったっぽい。ちなみに私が米側)
とはいえ、先日注文した分はばっちり届いたし、今後も通販で買おうかと思っている。
posted by Shoko at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

アジャスタが折れた

タイトルじゃ意味がわからないだろう?



ひとまず写真を見てくれ
posted by Shoko at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

演奏会のお知らせ

千代田フィルハーモニー管弦楽団

第47回定期演奏会

とき
   2007年12月2日(日)
   13:30開場 14:00開演
ところ
   ティアラこうとう
曲目
   マーラー 交響曲第5番

入場料
   1000円<全席自由>・・・・ということにはなっていますが
   連絡くれればチケットただで取り置きしておきます.
   明日の会場までに言ってくれれば用意します.

皆様お誘いあわせの上是非ご来演下さいませ
posted by Shoko at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

演奏会のお知らせ

マグノリアオーケストラ

第4回演奏会

とき
   2007年10月13日(土)
   14時開場 14時30分開演予定
ところ
   玉川区民会館 (東急大井町線等々力駅 徒歩1分)
曲目
   F. メンデルスゾーン 『交響曲第一番』
   R. シューマン 『序曲、スケルツォとフィナーレ』

入場無料


皆様お誘いあわせの上是非ご来演下さいませ
posted by Shoko at 00:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。