2005年11月01日

映画「忍SHONOBI」 原作「甲賀忍法帖」

 普段滅多に映画なんて見ない私ですが、親が会社からタダ券をもらって来たもんで、「忍SHINOBI」に行ってきました。仲間由紀恵とオダギリジョーの。 400年にわたって憎しみ合ってきた甲賀卍谷と伊賀鍔隠れ。甲賀の弦之介と伊賀の朧が恋仲になるが、徳川家康の策略で殺し合わなければならなくなってしまう、という話。


 はっきり言って、タダ券無かったら行かなくてよかったかなと。なんかつまらないというより、あまりにも浅い。ただ単に戦国風ロミオとジュリエットがやりたかっただけなのね、って感じ。突っ込みどころ満載。
 いかにも映画化して駄目になったパターンっぽいなーと思ってたら、案の定スタッフロールで
  原作  山田風太郎 「甲賀忍法帖
とあった。映画があまりにもだったから、原作はいかほどのものかとこっちも読んでみることにした。
 で、原作のほうは全然おもしろい。映画化するにあたって、時間の制約もあるし、少なからず設定が変更されるのは仕方ないとして、どうしてそこまで悪く出来たんだと言いたいくらい。登場人物も実は原作の半分しかいなかったのに、それでもかなり持て余し気味だった。


 以下映画、原作ともネタバレ満載なので、まだ見てないor読んでない人はお気を付けください。というか固有名詞だらけなので、映画見てないとわからないかも。



***********************ネタバレ注意**************************

 まず冒頭、弦之介が大御所様に真意を訪ねに駿府に行く、と言うシーン。駿府に行った二人は、家康の真意は甲賀と伊賀に戦わせてどちらが勝つかで次の世継ぎを決めること、と聞いている。映画では人が里に帰ってるのだから、わざわざ聞きに行くこともない。原作では殺し合う人間の名前が書かれた巻物は届くが奇襲やらなにやらで駿府に行った人間はさっさと死んでしまうので、真意を聞きにというのも自然な流れだった。

 天膳の死に方もなんかいきなり過ぎる。死んでも生き返るようなしぶとさのくせに陽炎の毒だからって死ねてしまうのもなあと思ったら、原作では実際陽炎の毒で死んで生き返っていた。忍びの冷酷さを徹底している人物なのに、最後になってこれでやっと死ねるとばかりに戦いを放棄するのは何か違う気がする。ちなみに原作ではどう死ぬかと言うと、生き返ろうとするところを朧の瞳術(朧の能力が映画とは違って、相手の術を破る瞳、となっている)に阻まれ完全に絶命する。

 それよりなにより、一番納得いかないのはラスト。忍びは戦いにしか生きるすべを持たない、的な流れで来たはずが最後人間臭さ全開でそれ!?みたいな。感動を狙ったと思われる朧が目を潰すくだりとかすごくダサいと感じたのはのは私だけだろうか。ってか朧生き残ったらロミオとジュリエットにならないし。原作の場合、朧が弦之介を刺すと見せかけて寸前で刃を翻して自害する。弦之介は例の巻物に「最後にこれを書くのは伊賀の朧」と書いてから後を追う。これでこそちゃんとロミオとジュリエットな終わり方ではないか。

***********************ネタバレ終わり**************************



 もう細かくあげたらキリがないくらい「原作のがいい」ばかり。私がちょっとでも引っかかった部分が、ことごとくしっくりはまった。
 映画を見て素直に感動した人は別にそれでも構わないんだけど、何かしらいまいちだなあというところがあった人は、とりあえず原作読んでみるべし。


 ところで素朴な疑問として、どうして甲賀対伊賀でどちらがメインということもないのに甲賀忍法帖なんだろうと思っていたら、忍法帖でシリーズになっていたらしい。他のも近いうちに読んでみよう。
posted by Shoko at 01:35| Comment(0) | TrackBack(3) | 雑読回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「SHINOBI」
Excerpt: 今日、とっても楽しみにしていた映画を観に行きました、yuckaです。 正直 すげぇ微妙。 はしょり過ぎね。 ..
Weblog: nanderful☆life
Tracked: 2005-11-04 12:27

忍??SHINOBI??
Excerpt: 新宿ジョイシネマ2。下山天監督。仲間由紀恵,オダギリジョー主演。 長きに渡り戦う
Weblog: たつし’s くま・シネマ倶楽部
Tracked: 2005-11-04 22:45

SHINOBI 06年34本目
Excerpt: SHINOBI 日本映画、やればできるじゃん。 邦画の未来は、明るい!!VFX &ワイヤーアクション、良かったです! ま、仲間由紀恵 とオダギリジョー はおいといて、薬師寺天膳 !椎名桔..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-02-26 03:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。