2005年06月24日

「最遊記」

 最近友人に貸した流れで私もまた読み返しているマンガ。

「最遊記」  峰倉かずや


 ある登場人物のセリフがすごく気に入っている。

(青空に橙色の紙飛行機を投げて)
「――綺麗でしょ?
 橙色は青をさらに美しくみせる。
 相反する色だからこそお互いの持ち味を引き立てあう――」


 私が最初にこれを読んだのは高校生の頃。「高級住宅街の真ん中の森」と評されるだけあって緑の多い学校であったわけだが、授業中にふと空を見たら紅葉がみごとで、空も真っ青で、本当に綺麗だったのだ。ささやかな感動とでもいうべきか。
 それ以来、秋になると美しいコントラストを見つけてはちょっと嬉しい気分になる。






 ところで最遊記には観世音菩薩さまが出てくるのだが、このお方、設定では両性具有でいらっしゃる。なんせ天界に住まわれるような人なのでそれはそれでいいのだけど、いくらファンタジーといっても「男でも女でもない」と「男でも女でもある」はかなり違う。
 この場合ひとりで子供は作れるのかと。(笑)
posted by Shoko at 01:56| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑読回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 最遊記『最遊記』(さいゆうき)は、峰倉かずや原作の漫画作品。全9巻。
Weblog: このマンガが読みたい!
Tracked: 2007-10-13 12:44


Excerpt: 最遊記『最遊記』(さいゆうき)は、峰倉かずや原作の漫画作品。全9巻。
Weblog: このマンガが読みたい!
Tracked: 2008-02-27 09:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。