2010年02月03日

弦備忘録:Tonica

Pirastro Tonica


E: (Goldbrokat。手元にあったストックがこれだったので…)
A: Nylon/Aluminum
D: Nylon/Sterling Silver
G: Nylon/Sterling Silver

2010/01/24〜

・音質はまあ普通。
 張りたてのドミナントって雑音多いから、それに比べるとクリアかも
・ドミナントより音量大きめ。鳴りやすい
・そのせいか開放がビャーっていいやすい気がする。
・ハイポジが響きにくい気がするのだけど、私が練習してないだけかもなあ。


2010/06/08追記

・なんかpizzがウクレレっぽい音してる。
 張りたてがどうだったかいまいち覚えてないんだが、そろそろ半年たつので、次の演奏会前にはかえよう。
posted by Shoko at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

弦備忘録:準備中

今までいろいろと試してはみたけれど、
4本全部バラバラだったり、
1本ずつしか張り替えなかったり、
長いこと張りすぎて前の弦の張りたてのときの音忘れてたり、
結局全然比べられていなかった。

というわけで、先日4本張り替えたのを機に、きちんとセットで張って比べてみようと思う。安い目のほうから順番に(笑)
でもって、すぐ忘れるから備忘録ということで、使用感のメモでも残しておこうかと。弦は楽器との相性もかなりあるというし、あくまで私の楽器での感想ということで。各種サイトにはいろいろ書かれてはいるものの、「明るい音」とか「深みのある音」とか言われても抽象的でよくわからんし、何よりどの弦も説明が代わり映えしなくて、使ってみないとわからない。

目標は半年に1回張替え。張りっぱなせいで音が劣化しすぎて、基本何張ってもいい音に聞こえてしまう、といういつものパターンは避けたいが、予算の都合と劣化具合の確認ということで半年くらいかなと。
ひとまず比較基準はトマスティーク社 ドミナント。

比べるにあたって、安く弦を仕入れるべく、海外通販を試してみることにした。大体うちの業界は円高のせいで大打撃食らってボーナスも減ったりしたわけで、買い物するときくらい円高の恩恵を受けとかないとね。
海外通販の場合セキュリティも多少は心配だが、ちゃんとしたサイトならそれほど問題はないかと思われ、それよりもむしろ郵便事故のが心配。(15年前くらいに日米で文通(?)してたとき、送ったはずの手紙が届いてない、というのが結構あったっぽい。ちなみに私が米側)
とはいえ、先日注文した分はばっちり届いたし、今後も通販で買おうかと思っている。
posted by Shoko at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。