2009年08月21日

サービス残業させてほしい

あえて極端な表現をしようと思うが、物事はすべて程度問題である、とはあらかじめ断っておこう。




社会人になって1年半。おかげさまで景気が悪いもので、連日定時上がりである。いかに効率的に仕事をこなすか、という意味ではいい訓練になっていると思うし、コストダウンの取り組みは例年よりはるかに頑張っているし、必ずしも悪いことばかりでは無いとは感じている。

が、学生やめて日の浅い私としては、「残業代を出せないから帰れ」と言われるのが面倒臭くてならない。こちらからくれと言っているわけでもないのに。残業代とか要らないからやらせろと言いたい。
今までいたのは、佳境になったら泊まってなんぼの世界なんだよ。せっかく社会人になったのだから、年に数回くらい「オレはやり切ったぜ」的な疲労感が欲しいじゃないか。


まあ泊まるのなんのは置いておくとして、そもそも私の場合時間で拘束されるのが嫌なのだと思う。
サラリーマンですから、夜型で仕事したいとは思わないけれど、あと1時間で終わるものを翌日にまわすのはスッキリしないし、ま〜ったりとデータを眺めて考えたいときだってあるし、NG食らった報告書のどこがだめだったのかしみじみ咀嚼したいときだってあるじゃないか。もちろんメリハリも大切だけど、100%×2hより70%×3hのほうが大きいのだよ(と私は中学からかれこれ10年以上言い続けている)。

さらに言うなら、私は時間でお給料もらうのが性に合わない。
学生時代にバイトしてたときからそう思ってたのだから、もう性格的な問題だと思う。

例えばお店の店員みたいにその場に居ることに意味がある、とか、工場のラインみたいに個人ではその日の業務量の調整が出来ないのであればともかく、研究開発職なんかはある一定の期待値に対して一定の金額で契約しているというようなイメージを私は持っている。仕事が遅いほうが残業代が加算されて給料が上がる仕組みがしっくりこない。


今すごく仕事楽しいし、正直仕事し足りない。かといって仕事をした分だけ残業代が発生してしまうのはなんか癪。と言っても友人知人にはなかなか感してもらえないのだけどね。
別に生活に困ってるわけじゃないし、今の基本給だけで月40時間くらい残業していいと真剣に思ってる。


サービス残業というのは完全なる社会悪扱いをされているわけだけれど、あくまでも問題なのは明らかに不適切な業務量であったりとか、そういう会社風土であったりではないのか、と。

「ある一定の労働時間を提供する契約に対して、サービスで+α頑張ってあげる権利」が欲しいと切に願うよ。
posted by Shoko at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。