2007年08月24日

「反社会学の不埒な研究報告」

反社会学の不埒な研究報告 著:パオロ・マッツァリーノ


反社会学講座の続編的一冊.こちらは八割方ネット上に公開されているので,とりあえず一読してみるべし.
社会学にありがちな自説のために恣意的に利用される統計はけしからん,ということで,社会学者とかマスコミとかをおもしろおかしく茶化しつつ批判している.文体はふざけているが手法は大真面目.目には目を,統計マジックには正しい統計を.若干ただの屁理屈みたいなトピックもあるものの,統計リテラシーを養うにはよい.


なぜ「不埒な〜」のほうをピックアップしたかというと,以前私がブログに書こうと思ってめんどくさくなって結局書かなかった(←ダメじゃん)話と同じ内容をまったく同じ観点から書いていたからである.

意識調査の国際比較というのは,よほど工夫した設問でない限り無理だ.言語の壁を越えられない.

この本で取り上げられてて,よくニュースにもなったりするのが,日本の子供は諸外国に比べ親を尊敬していない,とかいうアンケート調査.
その調査どういう質問文でやったんですか?と.
英語の場合「尊敬」は大概「respect」と訳されるわけだが,英語でrespectというのは相手を尊重するとか一人の人間として認めるとか程度のニュアンスも含む.そりゃアメリカの結果のほうが高くなるに決まっているじゃないか.
ちなみに私だったら「あなたは親をrespectしてますか?」と聞かれればYESと即答出来るが,「あなたは親を尊敬してますか?」と聞かれたらどちらかといえばNOと言うだろう.ここまで育ててもらった感謝とかそういうのはあるけど,目標とするかみたいに言われたら微妙だ.

あと,本で取り上げられているわけではないけど,最近気になった「あなたは偉くなりたいですか?」(ここの14ページの最初)というやつも,英語に「偉い」のニュアンスを汲み取る単語は無い.頑張っても「重要な」「偉大な」くらい.
他にも,一般的な単語でも「愛」と「love」とか「幸せ」と「happy」とか,英語のほうが圧倒的に軽い.


意識調査以外にもいろいろ斬ってるわけだけど,一貫してるのは何事も疑ってかかる態度というか,常に誤植とか計算ミスとか明らかにおかしいモデルとか警戒しながら論文読んでる身としては非常に共感できる姿勢である.
posted by Shoko at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑読回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。